車買取の際に多いトラブル


車買取の際に多く見られるトラブルの一つに、クーリングオフに関する問題があります。クーリングオフとは一度結んだ契約を、一定期間内であれば無条件で解約することができる制度です。契約を結んだ後、更にいい条件の車買取業者が見つかったため解約したいというケースが多くあります。

クーリングオフが適応されている場合には問題ありませんが、キャンセル料を取る車買取業者も少なくありません。中には買取価格より高いキャンセル料を取られる業者もあるので、契約の際にはクーリングオフについて確認した方がいいでしょう。最近では減ってきましたが契約後にキズや不具合が見つかったからと、再査定を行い減額を求めてくるケースがあります。

査定時のミスもありますが、マイナス査定になるからと不具合を隠していることもあります。故障や不具合は気付かれないことはほとんどないので、査定の際には嘘偽りなくきちんと情報を伝える事が大切です。トラブルの原因は主に契約後に起こる金銭トラブルとなっているので、信頼のおける業者選びが大切です。